腰痛に注意して生活しよう

>

仕事の関係で腰痛が起こる

座る時間が長い仕事に注意する

デスクワークがメインになる仕事では、1日中座りっぱなしだと思います。
すると腰に与えられる負担が大きくなるので、腰痛の原因になります。
座る時間が長い人は、こまめに休憩を挟むのが良い方法です。
1時間に1回は立って、トイレに行ったり、その場で屈伸をするなどの方法が良いですね。
体勢を変えれば、腰に与えられる負担が少なくなります。

また身体に合っていないイスに座っていると、負担が大きくなります。
自由に高さを調整できるイスだと、自分の身長に合わせることができます。
腰痛に悩んでいる人は、イスが原因かもしれません。
思い切って、自分のサイズに合っているイスに変えてください。
このままではどんどん腰痛が悪化していきます。

宅配業者や工事現場で働いている人

宅配業者や工事現場では、重い荷物を運ぶ機会が多くなります。
すると腰に負担が与えられるので、腰痛に繋がってしまいます。
しかし仕事なので、荷物を運ばないようにするのは不可能でしょう。
サポーターなどを腰に巻いて、負担を軽減する努力をしてください。
腰痛が悪化したら、働く時間を短くするのも良い方法です。
重い荷物を持つ時間が短くなれば、自然と腰への負担が少なくなるでしょう。

痛みを感じたら、湿布などを貼るのも効果的です。
早めに湿布やサポーターなどで身体をケアしてください。
痛みが大きくなってからでは、効果を発揮しにくくなります。
腰のあたりを毎日、マッサージするのもおすすめだと言われています。
身体をしっかりケアしてください。


この記事をシェアする